もっと早く決断すべきだった

おまとめローンを検討したが・・とき遅し

会社に勤め始めた頃の私はお金の計算を良くしていて、毎月の収支についても調べていました。

 

ただそれが段々面倒になってきて今はそのようなことをしていないため、収支について分かりづらくなっています。

 

特に商品を買う時によく使うリボ払いについては分かっておらず、正直との程度の負担なのかはっきりしていません。

 

このリボ払いはクレジットカードで利用しているのですが、利用する時はよく分からずこの支払い方法を選びました。

 

最初からこの支払い方法が設定されている自動リボ払いのカードだったので、それでいいのだろうと深く考えずずっと使っていました。

 

リボ払いは毎月の返済金額が大きくないので、高めの商品を買っても返済がしやすく助かっていました。

 

しかしそういう形で安易に商品を買い続けた結果、ずっと返済していても毎月のように支払いの催促が来ています。

 

このようなことについてはネットでいろいろ調べたのですけど、他の金融機関の借換えにすると良いという話を知りました。

 

その借換えはおまとめローンと呼ばれるものなのですが、このおまとめローンは簡単に借金が減らせそうで便利でした。

 

金融機関を利用した借換えはまだ行っていないため、いまだにリボ払いによる返済は続いています

 

借換えの手続きはしてみたいと考えているのですけど、毎月の支払いもそれほど大きくないし良いかなと考えることもあります。

 

今から考えると会社に勤め始めてからしばらくして、家計簿をつけなくなったことがこうなった原因に感じます。

 

学生時代は、少ないバイト代を有効に使うために、1円単位で管理していたのに、給料という急にまとまった金額を手にするようになって、ずぼらになってしまったんですね。

 

もしあのまま収支の計算をずっと続けていたら、たぶん今のようなリボ払いを続ける形にはなっていなかったでしょう。

 

このことについては家族にも話したこともなく、友人に相談したことも今まではありません。

 

なんとなく借金の問題を話すのは気恥ずかしかったので、今までは誰にもこのようなことを話すことはなかったです。

 

その一年後・・・

 

その一年後僕が最初に相談したのは、弁護士さんでした。

 

結局、もう少し、まだ大丈夫・・・と続けていて、おまとめローンを申し込みしたときには、もうすでにどこにも審査が通らない状況になっていたのです。

 

だから、債務整理という手段しか残されていませんでした。

 

そして、家族からも、友人知人からも、白い目で見られることになり、社会的な信用をすべて失うことになりました。

 

あの時、もしすぐおまとめローンに申し込んでいたら、こんなことにはなっていなかったと思います。

 

先延ばしにしてしまう悪い性分が、自分自身をだめにしてしまいました。

 

一から出直しの気持ちにはようやくなれましたが、この後悔は一生続きそうです。