キャッシングのし過ぎでいつの間にか借金王

年収350万円ほどの僕は、それでもそこそこ毎月貯金をして、100万円以上の預金を持っていました。

 

ただ、そこまではよかったのですが、せっかく100万円以上になったのだからと、100万円を国債の購入に回して、将来に備えようと思いました。

 

そのため、自由に引き出せる現金が少なくなってしまい、急な入用の時に、クレジットカードでキャッシングするようになりました。

 

また預金が少ないということが頭にあったため、支払いを後からリボにして利しているうちに、きずいたら、給料前にたまに預金残高不足になることが出てきました。

 

それでも国債の途中解約は損するのでしたくなくて、キャッシングで、不足分を補ったりしていました。

 

今から考えれば、国債の金利なんかより、ずっと、キャッシングやリボ払いの方が利息が高いのですから、実にバカな行動だっと分かります。

 

しかしその時は、ちょっとおかしな考えになっていたのだと思います。

 

そんなことを続けているうちに、借金の額がどんどん膨らんでいて、年収の3分の一を上回ってしまい消費者金融のカードローンが新たに作れなくなっていました。

 

友達に数万円借りたりすることも出てきて、「あいつ借金王だから注意だ」っと陰口をいわれるようにもなりました。

 

だめだ、このままじゃ破たんすると・・・そう思った僕は、親に泣きついて、100万円を出してらいました。

 

それでも50万円ぐらいの返済が残っていたので、もう高金利はこりごりと思いまして、銀行カードローンを作り、おまとめローンのように使い、リボ払いの分と、他のキャッシングの債務を完済しました。

 

あとは、金利の銀行の低いカードローンだけ毎月返済するだけなので、とても負担は軽くなりました。

 

それも完済したら、国債の満期をもって、親に返済をしようと思っています。

 

金利の利率の事も考えず、その場しのぎで借りてしまって、逆に大きな損をしてしまったと、今は深く後悔しています。