リボ払いの落とし穴

リボ払いを初めてしまうきっかけはどんなものだったのか、実際にリボ払いで後々困った人その時の心境について語っていただきました。

 

リボ払いは、金利かセブンベルクリニック高いと思っていつつも、「楽だよ」「大丈夫だよ」という悪魔のささやきにそそのかされてはじめてしまう人が多いようです。

 

リボ払いは昔からありますが、日本で盛んに勧められるようになったのは、クレジット会社が大きく儲けられるおいしい商品だからです。

 

実は、そのまえの年あたりに、米国では、リボ払いをしていた多くの人が破綻して、社会問題になり、リボ払いに対する審査が厳しくなっているのです。

 

それなのに、日本では、逆に「リボ」「リボ」とCMで宣伝までされるようになったのです。

 

リボ払いがよいなんて間違った考えは破綻の元です。結局は借金に過ぎにないのですから、ちゃんと申し込みをして借金として意識できる、カードローンのほうがまだましです。

 

リボ払いの落とし穴にはまる人たち

残高不足の心配

 

その月はかなり買い物をしてしまいました。ストレスがたまり、かなりお金を使ってしまいました。

 

私はいつも買い物はカードでしています。

 

カードなので現金をもっていなくても買い物ができてしまうので、調子にのってどんどん買い物をしてしまいました。

 

私は専業主婦なので収入がありません。

 

そのため、旦那の給料から引き落としになることになります。でも今月はかなり調子にのったこともあり、心配で仕方がありません。

 

正直、旦那の給料で引き落とし金額が足りるのかな、といった感じです。

 

すごく不安になり旦那に謝ったところ、旦那がリボ払いにした方がいいのではないか、といってきました。

 

リボ払いは高金利だときいていましたし、正直不安なところは多くありました。でも、リボ払いにしたら、返済額は毎月一定です。

 

今月使いすぎてしまったからといって、次の月にかなり返済額が大きくなる心配もないのです。この際、リボ払いにした方がいいのかな、と考え始めました。

 

高金利という点がすごく気になるのでまだ決定はしていないのですが、引き落とし金額の心配をしなくてもいいのは楽だと思いました。

 

旦那に相談をしたら、高金利でも毎月引き落としの心配をしなくてもいいのなら仕方がないのではないかといってきました。私もそう思うところはありました。でも高金利だと、長い目でみたらやっぱり損をしちゃうよな、と思います。

 

いろいろと不安で結局まだ迷っています。リボ払いにはいい点も悪い点もあるからです。

 

とにかく来月の引き落としが心配なので、これから明細をきちんとチェックして引き落とし金額がいくらになるのかきちんと確認をしておかないといけないと思っています。

 

そうしないともしも残高が足りなかったら引き落としができなくて面倒なことになってしまいます。やはりこのようなことを考えると、リボ払いはいいなと思います。

 

まだまだ迷ってしまいますが、しばらくリボ払いに変更をするかどうか考えようと思っています。

 

結局この後リボ払いにしてしまい、案の定、高金利で、定額返済のため、月の引き落とし額が少ないため安心して、どんどん借金が増えてしまったという事例です。

 

残高不足が心配であれば、銀行のカードローンを作って振込みしておけばすみます。

 

銀行のカードローンのほうが金利が低いので絶対有利です。

 

リボ払いに比べて、新たに申し込みする手間がかかりますが、一度作ってしまえば、いつでも借りられるので、残段不足を今後も心配するようなことが出るのであれば作っておいて損はありませんよね。

 

友達もリボにしているから・・・

 

最近、どんな買い物もすべてカードでしています。現金をあまり持ち歩きたくないので、カードは本当に便利だと感じていました。

 

ポイントもどんどんたまりますし、調子にのってカードで買い物をしているところもありました。

 

でもその月はちょっと使いすぎてしまいました。都会に買い物にいったというのもありますが、かなりお金を使ってしまいました。

 

調子にのって、ブランド品をかなり購入してしまったのです。来月、引き落としがきちんとできるかな、と不安に感じていました。

 

そんなときに友達がリボ払いにしていて毎月の返済額は一定だ、といっているのを思い出しました。私はそれを思い出し、私もリボ払いにしようかな、と考えるようになりました。

 

でもリボ払いのことを調べてみたら、高金利という点が引っ掛かりました

 

高金利という点が気になり、長い目でみたらやっぱりリボ払いは損かなと思ったのですが、でも今後買い物をしすぎてしまったときに、翌月の引き落としの心配がないのはいいなと思いました。

 

返済額が一定なら、どれだけ今月買い物をしても、来月の引き落としの心配をしなくていいということです。いつどれだけカードを使うことになるかわかりません。

 

高金利でも、すごく便利だなと感じました。それまでは、ちょっと怖いかなと思っていたのに、リボ払いに魅力を感じるようになりました。

 

友達もリボ払いにしているみたいですし、それで何か大変そうな様子もないので、いいかなと思えます。

 

そろそろセールも始まるから、今しか変えないほしいものが出たときに、変えないのもいやだから、

 

リボにしておけば、そんな時も気にせず買えるし、今の解決方法としては、給料か入ってくる前の引き落としは、残高ぎりぎりになりそうなので仕方ないよねって。

 

あとからリボで、今からでもリボ払い変更できるみたいなので、とりあえずしてリボにしておいて、あとで返せばいいかなとそのときは思ったのです。

 

結局この人は、友達ともども、リボ払いを重ねて、毎月返済しているにもかかわらず、その半分が金利で、元本はあまり減っていないことに跡で気づいて、ショックを受けることになりました。

 

その場しのぎの解決方法だったのに、とりあえず楽だからという理由で、自動リボ払いの設定をし続けたまま、カードでの支払いを続けてしまい、無駄な金利を払い続けてしまったのです。

 

あーなんともったいないことか、その金利分で、何が買えたのか考えると悲しくなります。

 

おまとめローンは最後の手段

リボ払いで借金を増やしてしまい、もう普通の銀行カードローンでも、総量規制のかかる消費者金融でも借りられなくなって、後の最後の手段はおまとめローンしかありません。

 

おまためローンは、現在ある借金分の出しか借りられず、また借りた跡に、ちゃんと返済した証拠を示さないといけません。

 

ですから、普通のカードローンのように、現金が入ったので、ついまたほかの事に使ってしまうという誘惑は断ち切れますので、おまとめ専用ローンは返済には最適です。

 

返済のみしかできないので、返済した分、新たに枠内で借り入れできる金額ができるわけではないので、いつまでも返済が進まないという心配もありません。

 

ですが、金利は使途の自由な一般的な個人向け銀行カードローンよりは金利は高くはなります。

 

それでも、おまとめローンでも借りられない場合は、もし債務整理するしかなくなるので、おまとめ専用ローンは最後の手段といえるでしょう。