おまとめローンの疑問解消

おまとめローンにするメリットはなんでしょうか?

おまとめローンに借り替えると次のようなメリットがあります
・毎月の支払いが1回で済みますし、それにより手数料も安くなる
・毎月の支払額が少なくなる
・金利負担が軽くなる場合がある

一両日中に一本化できるようなおまとめローンはありますか?

おまとめローンの多くは借入金額がかなり多くなるため、各社の金利が低くなるように借入総額をまとめる場合、
審査が数日〜1か月以上かかる場合も多い様です。
ただし、申込内容が「少額だけど一本化したい」
「数か所で支払っているので忘れてしまいそうだし面倒だから」
「今日しか休みが取れないから」など、多くても50万円以下の
おまとめローンならまったく問題なく可能でしょう。
その場合、ネット申込可能で自動契約機を多数設置している消費者金融が良いでしょう。
アコム・プロミス・モビット・レイクならいずれも無人契約機が設置されていますし、
ネットで申込完了しておけば、契約機に情報を入力してカード発行を受けるだけです。
高額になるおまとめローンは審査に時間がかかるため、「一両日中に一本化」は難しいでしょう。

どこまで口コミを信じて良いのでしょうか?

具体的な数字が書かれていて信憑性が高い書き込みを比較して、総合的に判断しましょう。
審査に落ちた場合などの、「なぜ審査に落ちたのだろう?」と言うような考察された口コミはある程度信頼して良いでしょう。
また、審査通過した場合もかなり具体的に書かれている場合、おおむね信用していいでしょう。
口コミはできるだけ多く集め、総合的な判断材料のひとつとして利用するのが良いでしょう。

審査に通りやすいローンはありますか?

はっきり言って、審査に通りやすいおまとめローンはありません。
審査基準は通常のキャッシングローンと比較しても厳しいと言えるでしょう。
どうして審査が厳しいかと言うと、 年収の上限が高く設定されているからです。
というのも月々の返済金額は借入金額に比例してそれなりに大きくなりますから、
その回収の目途が立たない場合は審査に通らないからです。
貸し倒れのリスクを金融機関は考えますので、審査は慎重になるわけです。

おまとめローンの審査基準とは?

ある会社の審査基準を例に上げますと、
1.年収の3分の1以上の他社借入額(キャッシング・ローン)がある
2.借入件数が4社以上ある
3.不動産担保がない(年収450万円以下の人)
4.返済遅延履歴がある
以上の4つのうちどれか一つでも該当すると、仮に年収が500万円以上あっても おまとめローンの摘要は厳しいようです。
その他、通常のキャッシングと同様に、勤務先や年収、勤続年数、居住形態などを総合的に審査されます。

借入れ額が年収の3分の1を超えていても借入できますか?

総量規制(借入額は年収の3分の1までに抑えられる)が施行されてからは、借入が厳しくなっています。
ただ、金融機関によっては年収が一定の基準を満たしていれば、 3分の1を超えていても、借入可能です。

おまとめローンの対象となる借金は?

消費者金融、クレジットカード会社などのいわゆる貸金業者からの借金すべてです。

審査に落ちてしまった場合どうすれば良いのでしょうか?

暫くの間そのまま借金返済を続け、年収の3分の1以下にまで減ったときにもう一度審査を受けてみましょう。
あるいは仕事を変える、副業を行うなど年収を増やし、 借金総額と年収の比率が少なくなる努力をしましょう。
もしも月々の返済が苦しく、生活が立ち行かなくなってしまう場合は、任意整理などの法的な手段を取ることも視野に入れましょう。

おまとめローン借り替えた後に別に新しいローンは組めますか?

おまとめローン借換の審査が通り、返済処理を待つ段階で新たな借り入れを行い、それが発覚した場合、契約書の内容にもよりますが、
期限の利益の喪失事由の記載があれば、 おまとめローン契約は破棄となるか、一括返済となりますので事前に契約書をよく読み注意しましょう。

クレジットカードの“リボ払い”の特徴を理解したうえでおまとめローンを利用するかどうかを決めましょうクレジットカードやカードローンの“リボ払い”では、一定の借入金額を越えない限り、月々の返済額は変わりません。買いやすさだけに意識が向いてしまい、欲しいものがすぐに手に入れられるので、返しやすいかどうかをきちんと把握しないまま“リボ払い”で買い物をし続けていると、返済期間がどんどん延びていくことになるた...

おまとめローンには「総量規制」の枠外にあるローンですから、年収の3分の1以上の借入でもまったく問題はありません。また、1社に断られてもそれは審査基準がその方には合わなかったというだけの場合も多いため、たとえば銀行の低金利おまとめローンに断られたとしても気にせず、次のおまとめローンに申込んでも、1つ、二つであれば、おおむね問題がないことの方が多いです。ただし、同時にはやめた方がいいでしょう。ただし何...

カードローンを利用するときに、「借入限度額は年収の3分の1まで」という規制が障害になることがあります。「借入限度額は年収の3分の1まで」という規制は、貸金業法の総量規制という仕組みによるものです。ここでは、総量規制とおまとめローンの関係について説明します。総量規制とは総量規制が定められたかと言うと、高金利で過度の貸付や多数の金融機関から借入をして多重債務を抱え、破産する人が増えた事でその状況を止め...