おまとめローンを上手に使う方法はこれ!

クレジットカードの“リボ払い”の特徴を理解したうえでおまとめローンを利用するかどうかを決めましょう

クレジットカードやカードローンの“リボ払い”では、一定の借入金額を越えない限り、月々の返済額は変わりません

 

買いやすさだけに意識が向いてしまい、欲しいものがすぐに手に入れられるので、返しやすいかどうかをきちんと把握しないまま“リボ払い”で買い物をし続けていると、返済期間がどんどん延びていくことになるため、「いつまでたっても返済が終わらない」ということになりかねません。

 

また、返済日の異なるクレジットカードやカードローンを複数利用することで、返済の管理が複雑になり、とても苦労する事になります。

 

このように“リボ払い”は、その特徴を理解せずに利用し続けていると家計への負担がかえって重くなってしまいます。

 

ご自身で“リボ払い”などローンのコントロールができるように心がけてみましょう。

 

“おまとめローン”を活用して、自分で借金をコントロールする

そこで活用したいのが“おまとめローン”です。複数の借金をひとつにまとめることで返済日が月1回になりとても管理がしやすくなります。

また、“リボ払い”とは異なり、完済時期が明確になるので「いつまでに」「いくら」払えば借金が無くなるのかも明確になります。

 

そして、最も注目したいのが実質年率です。一般的にクレジットカードの“リボ払い”の実質年率は15%程度と一定なのに対し、“おまとめローン”は利用する人の状況によって実質年率に幅があり、実質年率4%台という低い金利で借りられるローンもあります。

 

実質年率が低ければ、当然、それだけ支払う利息も減ることになるため、家計への負担が軽くなります。

 

実質年率が低ければ返しやすいですし、返済日が月に1回であればうっかり返し忘れるということも減りますから、“おまとめローン”が利用できないか調べてみましょう。