おまとめローンは総量規制の対象外?

カードローンを利用するときに、「借入限度額は年収の3分の1まで」という規制が障害になることがあります。
「借入限度額は年収の3分の1まで」という規制は、貸金業法の総量規制という仕組みによるものです。
ここでは、総量規制とおまとめローンの関係について説明します。

 

総量規制とは

総量規制が定められたかと言うと、高金利で過度の貸付や多数の金融機関から借入をして多重債務を抱え、破産する人が増えた事でその状況を止めるために国が規制を作ったのです。

 

次の項目が、総量規制の主な内容となります。

個人に対してお金を貸す場合、貸す金額の合計が借りる人の年収の3分の1を超えてはいけない

年収300万円の人がお金を借りる場合、借入額が3分の1の100万円を超えてはいけない、ということです。

ただし、これには例外があります。

  • 知り合いや自分の会社などの保証人としてであれば、年収の3分の1を超えた金額でも借入れできる。
  • 事業用の資金のために借入をする場合は、年収の3分の1を超えた金額でも会社の事業用資金であれば借りることができる。

 

1社から50万円以上を借りるとき、または、数社から借りている金額の合計が100万円を超えている場合は、収入証明書が必要

証明書としては、源泉徴収書、支払調書、給与の支払明細書、確定申告書、青色申告決算書などが必要となります。

 

総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの機関

 

おまとめローンと総量規制の関係について

総量規制は消費者金融などのキャッシングについてだけを規制するもので、銀行のカードローンは規制の対象外となっています。

 

まず年収の3分の1を超える融資が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行のローンを最初に検討する方が確実です。

 

総量規制は、利用者を守るための規制なので、ローンの利用者が一方的に有利になる「おまとめローン」は、規制の例外扱いとなっています。

 

最近では大手消費者金融もおまとめローンを行っています。大手消費者金融なら、銀行系よりも金利は少々高めですが、年収の3分の1を超える融資も受けられることになるというわけです。

 

ただし、「おまとめ専用ローン」で借りたお金の使い道はローンの返済に限定されます。

 

他の用途にも使うときは、普通の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。金利もそちらの方が低いはずです。

 

もちろんおまとめ専用でなければ審査が下りないほど借りている場合は無理ですが。